不動産売却のためのチラシ戦略 【アナログですが株式会社tentoはチラシ戦略も取り入れております!】

query_builder 2024/04/28 不動産売却
この記事では、不動産売却の際に作成するチラシについて詳しく解説します。昨今の不動産市場の変化、チラシ作成の基本戦略、コピーライティングのテクニックなどを取り上げ、チラシからリード獲得までのフローを理解することを目指します。
株式会社tento
株式会社tento
多摩市をはじめ周辺地域の特色やニーズを把握しており、地域に合わせた適正な査定をいたします。売り手と買い手のニーズが合致するよう販売方法を考慮し、特別な事情がある不動産売却にも対応しています。
株式会社tento
住所:

〒206-0011

東京都多摩市関戸3-16-2
オリエント丹野マンション聖蹟桜ヶ丘101

電話番号:
042-401-8087

不動産市場の現状

まず始めに、現代の不動産市場について把握することが重要です。チラシ作成の前に、その背景を理解しましょう。

不動産市場の動向

不動産売却において、まずは現代の不動産市場の動向を把握することが重要です。不動産市場は常に変化しており、その動向を理解することで効果的なチラシ作成につなげることができます。

近年の不動産市場は、需要と供給のバランスが大きく影響を与えています。都市部では人口増加に伴い物件の需要が高まっており、高い価格での取引が行われています。一方で、地方部では人口減少や過剰な供給などの要因により、競争が激化している地域もあります。

また、不動産の種類によって市場の動向も異なります。例えば、住宅の場合は住宅購入を検討している家族や若者層の需要が主な要素となります。投資用不動産の場合は、賃貸需要や収益性が重要なファクターになります。商業用不動産では、立地やテナントの需要が市場の動向を左右します。

さらに、不動産市場は外部の要因にも左右されます。景気動向や金利の変動、法改正などが市場に大きな影響を与えることもあります。例えば、景気が好調な時期は不動産市場も活況となりやすい傾向があります。

不動産売却を検討する際には、これらの市場の動向を熟知することが重要です。チラシ作成の際には、市場の需要や競合物件の動向を踏まえた戦略を立てることが求められます。不動産売却を成功させるためには、現在の不動産市場の動向を把握し、それに適した戦略を展開することが不可欠です。

不動産売却の現状

不動産売却においては、市場の動向だけでなく、具体的な売却の現状も把握することが重要です。不動産売却の現場では、さまざまな要素やポイントに注意しながら進める必要があります。

まず、不動産売却の現状を理解するためには、競合物件や価格の動向に注目することが重要です。同じ地域や同じタイプの物件が売りに出される場合、競合物件の価格や取引価格の推移を調査することは不可欠です。現在の市場での競争力を把握することで、適切な価格設定や戦略の構築が可能となります。

また、売却時の注意点も押さえておく必要があります。例えば、売買契約の手続きや必要な書類、法的な規制など、売却プロセスには様々な要素が絡み合います。不動産売却の現状を理解するためには、専門家や不動産業者のアドバイスを受けることも有効です。プロフェッショナルの知識や経験を生かすことで、円滑な売却手続きを進めることができます。

さらに、売却にあたっては物件自体の魅力を最大限に引き出すことも重要です。物件の魅力を引き立てる写真や動画、設備や周辺環境の特徴を伝える文章をチラシに活用することで、興味を持った購買意欲の高い人々を引きつけることができます。

不動産売却の現状を正確に把握し、それに応じた戦略を練ることが成功への鍵です。市場の動向だけでなく、物件の競争力や売却に関する知識を身につけることで、効果的なチラシ作成と売却活動を行うことができます。不動産売却を成功させるためには、現状を正確に把握し、それに基づいた戦略を展開することが不可欠です。

効果的なチラシの基本戦略

不動産売却チラシの作成にあたり、基本となる戦略を理解しましょう。

チラシの役割

不動産売却チラシを作成する際には、まずチラシが果たす役割を理解することが重要です。チラシは、潜在的な購買意欲を持った個人や家族に対して情報を提供し、興味や関心を引きつける役割を果たします。

その一つの役割は、物件の魅力を伝えることです。不動産売却チラシは、物件の魅力的な特徴や設備、周辺環境などを視覚的に魅力的に表現することで、購買意欲を高める役割を果たします。写真や動画を使った美しいデザインや文章を通じて、読者に物件の魅力を想像させることが重要です。

また、チラシは信頼感を与える役割も担っています。不動産売却は大きな買い物であり、信頼性や安心感が求められます。チラシからは、信頼できる不動産業者や専門家の情報を提供することが重要です。提供する情報は正確で信頼性が高く、読者が安心して問い合わせや購入を検討できるようにすることが求められます。

さらに、チラシは物件の詳細情報を提供する役割も持っています。物件の広さ、間取り、価格、周辺施設など、読者が購買意欲を持つために必要な情報を明確に伝えることが重要です。読み手が興味を持った時に追加情報が容易に入手できるように、問い合わせ先や案内予約の方法を明確に示すことも重要です。

不動産売却チラシは販促ツールとしての役割を果たすだけでなく、購買意欲を引き起こすための情報伝達の手段としても重要です。物件の魅力や信頼性、詳細情報を適切に伝えることで、興味を持った読者に対して問い合わせや購入の機会を提供することが目的です。成功する不動産売却チラシを作成するためには、役割を正しく理解し、それに応じたデザインと情報の提供を心掛けることが不可欠です。

チラシのポイント

不動産売却チラシを作成する際には、いくつかの重要なポイントを押さえることが必要です。これらのポイントを把握し、効果的なチラシを作成することで、読者の興味を引きつけることができます。

まず、チラシのデザインには注意が必要です。読者の注意を引くためには、視覚的な魅力が求められます。明るい色合いや目を引くフォント、鮮明な写真などを使用して、チラシ全体を魅力的にデザインすることが重要です。また、情報が整理されていて見やすいレイアウトを心掛けることも大切です。

次に、チラシの内容も重要なポイントです。読者にとって興味深い情報を提供することが求められます。物件の特徴や魅力的なポイントを明確に伝えるだけでなく、周辺環境やアクセスの良さ、利便性の高さなども強調することが効果的です。また、チラシ上で特典やキャンペーンなどの魅力的な情報を提示することもおすすめです。

さらに、チラシの言葉遣いやコピーも重要なポイントです。読者の共感や関心を引くためには、心に響く言葉や具体的な表現を使用することが有効です。読者が自分自身を想像しやすいような文章や、不動産売却によって得られるメリットや利点を強調することも効果的です。

また、チラシには問い合わせ先や連絡先を明確に表示することも重要です。読者が興味を持っても、問い合わせ先が分かりにくい場合はタイミングを逃してしまうことがあります。電話番号やメールアドレス、ウェブサイトなど、追加の情報を提供する手段も取り入れることがおすすめです。

不動産売却チラシの成功には、デザイン、内容、言葉遣い、連絡先など、さまざまなポイントが関わってきます。これらのポイントを押さえながら、チラシを作成することで、読者の興味を引きつけ、問い合わせや購入の機会を生み出すことができます。効果的なチラシ作成のためには、これらのポイントを適切に組み合わせることが重要です。

コピーライティングのテクニック

効果的な不動産売却チラシを作成するためのコピーライティングのテクニックを学びましょう。

魅力的なヘッドラインの作り方

魅力的なヘッドラインは、不動産売却チラシにおいて読者の注意を引きつける重要な要素です。ヘッドラインはチラシの最初に目に入る部分であり、読者が続きを読むかどうかを決めるために大きな役割を果たします。以下に、魅力的なヘッドラインの作り方のポイントをご紹介します。

まず、ヘッドラインは要点を簡潔に伝えることが重要です。読者は手軽に情報を得ることを求めており、わかりやすく要点をまとめたヘッドラインは効果的です。物件の魅力や特徴を一言で表現し、読者の関心を引くような表現を心掛けましょう。

また、具体性を持たせることも重要です。抽象的な表現よりも、具体的な数字や特徴を使った表現が魅力的です。例えば、「広々とした庭付きの一軒家」や「最新設備を備えた高層マンション」など、読者が想像しやすい具体的な情報を盛り込むことが効果的です。

さらに、ユニークさやエモーショナルな要素を取り入れることも有効です。読者の感情に訴えかける表現や、驚きや興味を引く表現を使うことで、ヘッドラインが印象的になります。例えば、「都会の喧騒を忘れられる癒しの一軒家」といった表現が良いでしょう。

さらに、ヘッドラインには目立たせる工夫をすることも重要です。大きな文字や目を引くカラーコントラストを使用することで、ヘッドラインを強調しましょう。ただし、情報を伝えるだけでなく、デザインのバランスや読みやすさにも配慮することが必要です。

魅力的なヘッドラインは、不動産売却チラシの成功に大きく寄与する要素です。要点を簡潔にまとめ、具体性やユニークさ、エモーションを取り入れ、目立たせる工夫をすることで、読者の注意を引くことができます。ヘッドラインはチラシの魅力を最初に伝える重要な要素であるため、時間をかけて適切な表現を考えることが求められます。

効果的なコール・トゥ・アクション

効果的なコール・トゥ・アクション(CTA)は、不動産売却チラシを成功させるために欠かせない要素です。CTAは、読者に具体的なアクションを促すための文言やデザインの工夫です。

まず、CTAの文言は具体的で明確である必要があります。例えば、「今すぐ問い合わせる」「内見予約はお早めに」といった具体的な指示を示すことで、読者にアクションを起こしやすくなります。また、質問形式を使うことで読者の関与を促すことも有効です。

さらに、CTAには緊急感や限定感を与えることも効果的です。期間限定のキャンペーンや特典の案内を組み込むことで、読者に行動を起こすモチベーションを与えることができます。また、数量限定や即入居可能など、限定性をアピールすることも有効です。

デザイン的な工夫も重要です。CTAは目立つように配置し、カラーコントラストやボタンの形状などを工夫することで、読者の視線を引き付けます。また、CTAの周りにホワイトスペースを設けることで、視認性を高めることも有効です。

さらに、CTAの配置も重要です。読者が自然に目にする位置にCTAを配置しましょう。例えば、物件の魅力を伝えた後や、詳細情報の末尾にCTAを配置することで、読者の興味を引いたタイミングでアクションを促すことができます。

効果的なCTAは、読者に対して具体的なアクションを促すだけでなく、緊急感や限定感を与え、視認性を高める工夫も含まれます。文言の具体性や明確さ、緊急感や限定性の提示、デザインの視認性の工夫を組み合わせることで、読者により強いインパクトを与え、アクションを起こしやすくすることができます。不動産売却チラシを作成する際には、効果的なCTAを工夫し、読者の関心を具体的なアクションにつなげることを目指しましょう。

デザインの重要性

読者が目を留めやすいデザインは、不動産売却チラシの効果を大きく左右します。ここでは、デザインのポイントについて説明します。

視覚的魅力の強化

不動産売却チラシの効果を高めるためには、視覚的な魅力を強化することが重要です。読者の目を引き付け、興味を持たせるデザインや要素を取り入れることで、チラシの効果を最大限に引き出すことができます。

まず、デザインの魅力を高めるためには、カラーコントラストや色彩の使い方に注意を払う必要があります。鮮やかな色や対照的な色の組み合わせを使用することで、視覚的な引きつける力を持ったデザインを作り出すことができます。また、オリジナリティや独自性が感じられるデザインやアートの要素を取り入れることも効果的です。

さらに、レイアウトやタイポグラフィの使い方も重要です。情報が整理されていてわかりやすいレイアウトを心掛け、段落や箇条書きなどを使って、目に優しいデザインを作り上げましょう。また、フォントの種類や文字の大きさ、太さを選ぶことで、チラシの雰囲気に合わせた印象を与えることができます。

写真やイメージの使い方も視覚的な魅力を高めるポイントです。不動産の外観や内装など、魅力的な写真を多く使用することで、読者に具体的なイメージを伝えることができます。また、写真のサイズや配置にも工夫を凝らし、視覚的なバランスを整えることも重要です。

さらに、図やグラフを使ってデータを視覚化することも効果的です。数字や統計データを視覚的に分かりやすく表現することで、読者にインパクトを与えることができます。また、地図や周辺の施設などを示すことで、物件の立地や周辺環境を的確に伝えることができます。

視覚的な魅力を強化することで、不動産売却チラシの効果を飛躍的に向上させることが可能です。カラーコントラストや色彩、レイアウトやタイポグラフィ、写真やイメージ、図やグラフなど、様々な視覚的要素を適切に取り入れることで、読者の目を引きつけ、興味を持たせるデザインを作り上げましょう。

明確な情報提示

不動産売却チラシにおいて、明確な情報提示は読者に対してわかりやすさを提供します。読者が必要な情報を簡潔に把握できるようにすることで、チラシの効果を高めることができます。

まず、情報は視覚的に整理されている必要があります。見出しや箇条書きを使って情報を分かりやすく整理しましょう。不動産の基本情報や特徴、価格、広さ、間取りなどを一目で把握できるようにすることが重要です。また、重要な情報を目立たせるために、文字の大きさや装飾を工夫することも有効です。

次に、冗長な情報は避け、必要な情報のみを提示することが重要です。読者の関心を引くポイントや魅力的な特徴を強調しましょう。必要な情報に絞ることで、読者の注意を集中させることができます。また、極端に欠けている情報や不明確な情報は避け、読者が疑問を感じることなくチラシを読み進められるようにしましょう。

さらに、問い合わせ先や連絡先の明確な表示も重要です。チラシを読んだ読者が問い合わせや内見の予約をしやすくするためには、電話番号やメールアドレス、ウェブサイトなどの連絡先を明確に表示しましょう。読者が追加情報を簡単に入手できるようにすることで、興味を持ったタイミングで行動に移しやすくなります。

明確な情報提示は、不動産売却チラシの効果を高めるために不可欠です。読者がわかりやすく必要な情報を得られるようにし、情報の整理や重要ポイントの強調、問い合わせ先の明示などを工夫しましょう。明確な情報提示を行うことで、読者の関心を引きつけ、アクションにつなげることができます。

有効な配布方法

チラシの作成だけではなく、その配布方法も成功の鍵となります。最適な配布方法について学びましょう。

チラシの配布エリア選定

不動産売却チラシの効果を最大限に引き出すためには、適切な配布エリアの選定が重要です。配布エリアを適切に選ぶことで、ターゲットとなる購買意欲の高い人々に効果的にチラシを届けることができます。

まず、配布エリアの選定には物件の特性やターゲット層を考慮する必要があります。物件がある地域の特徴や周辺環境、交通アクセスなどを考慮し、その地域に関心を持つ購買意欲の高い層にチラシを配布することが重要です。例えば、ファミリー向けの住宅ならば学校や公園の近くに配布するなど、ターゲット層が集まりそうな場所を中心に配布すると効果的です。

また、競合物件の分布や競争状況も配布エリアの選定に影響を与えます。同じエリアに競合物件が多い場合は、競争力を持つためにも配布エリアを広げることや、競合物件と差別化できるような情報や特典を付加することが重要です。

さらに、配布エリアの人口密度や需要の高さも考慮しなければなりません。人口密度の高い地域や需要が高いエリアにチラシを配布することで、多くの人に効果的にアプローチすることができます。市場調査やデータの分析を参考にしながら、需要の高いエリアを把握しましょう。

配布エリアの選定は、不動産売却チラシの効果を最大化するために欠かせない要素です。物件の特性やターゲット層、競合状況、需要の高さなどを考慮し、ターゲット層の購買意欲の高いエリアを選ぶことが重要です。効果的なチラシ配布により、購買意欲の高い人々にチラシを届け、興味を持ってもらうことができます。

ターゲティング配布

不動産売却チラシの効果をさらに高めるためには、ターゲティング配布が有効です。ターゲティング配布とは、特定のターゲットにチラシを的確に届ける配布方法です。ターゲットになり得る人々に確実にチラシを手に取ってもらうための効率的な配布方法を紹介します。

まず、ターゲット層を明確に定義しましょう。例えば、ファミリー向けの住宅ならば子育て世帯や子供を持つ家族をターゲットにするなど、売却したい物件に適したターゲットを設定します。ターゲット層を絞り込むことで、チラシを効果的に届けることができます。

次に、ターゲット層が集まる場所や媒体を把握しましょう。例えば、子供の通学路や公園の近くに住宅物件を配布するという具体的なターゲットエリアを設定することができます。また、地域コミュニティ誌やイベントなど、ターゲット層が関心を持ちそうな媒体や場所にもチラシを配布することが効果的です。

さらに、デジタル広告やSNSの活用も考慮しましょう。ターゲット層がデジタル媒体を多く利用している場合は、オンライン広告やSNS広告を活用してチラシを効果的に配信することができます。これにより、より多くの人々にチラシを届けることができます。

ターゲティング配布は、範囲を絞り込むことでチラシの効果を高める方法です。ターゲット層を明確に定義し、その層に合わせた配布エリアや媒体を選択することで、効果的にチラシを届けることができます。また、デジタル広告やSNSの活用も検討し、より多くの人々にチラシを広める手段を活かすことも重要です。効果的なターゲティング配布により、ターゲット層にアプローチし、購買意欲を高めることができます。

フィードバックの活用

チラシから得られるリードやフィードバックを活用することが重要です。そうすることで次回のチラシ作成時に反映させ、結果を改善できます。

リード情報のアナリシス

不動産売却チラシを効果的に活用するためには、チラシを通じて得られるリード情報を分析することが重要です。リード情報のアナリシスを行うことで、チラシの効果や読者の興味・関心を把握し、次回のチラシ作成や売却戦略の改善に活かすことができます。

まず、リード情報とは読者からの問い合わせや購入意思表示などの情報を指します。この情報を収集し、分析することで、チラシに対する反応や興味のある項目などが明らかになります。例えば、特定の特典や特徴に関して問い合わせが集中する場合は、それらの要素に注力することでより多くのリードを獲得することができます。

また、リード情報をもとに顧客のニーズや傾向を把握することも重要です。問い合わせや購入意思表示をした顧客にアンケートを行い、不動産選びの動機や要望などを把握することで、顧客のニーズを反映したチラシやマーケティング戦略の改善につなげることができます。

さらに、リード情報の分析を通じて、より効果的なコミュニケーション戦略を立てることも可能です。問い合わせや購入意思表示をした顧客に対して個別のフォローアップを行い、潜在的な顧客との関係を構築することで、信頼関係を築きながら売却のチャンスを追求することができます。

リード情報のアナリシスは、不動産売却の成功に欠かせない要素です。チラシを通じて得られるリード情報を収集し、分析することで、チラシの効果や読者の関心を把握し、次回のチラシ作成やマーケティング戦略の改善に生かすことができます。顧客のニーズや関心を把握することで、よりターゲットに合った戦略を展開し、不動産の売却を成功させることができます。

フィードバックの活用方法

不動産売却チラシから得られるフィードバックは、次回のチラシ作成やマーケティング戦略の改善に活かすことができます。フィードバックを活用することで、より効果的なチラシ作成やリード獲得につなげることができます。

まず、フィードバックの内容を分析し、共通点や傾向を把握しましょう。複数のフィードバックから共通する意見や要望が見えてくる場合は、それらの要素を次回のチラシに反映させることで読者の興味や関心を引きつけることができます。

また、フィードバックをもとにチラシのデザインやコンテンツの改善を行うことも重要です。顧客からの意見や提案に耳を傾け、読者にとって魅力的なチラシを作り上げるために、デザインの見直しや情報の追加、表現方法の変更などを行いましょう。

さらに、フィードバックを活用して顧客とのコミュニケーションを深めることも重要です。顧客の意見や要望に対して素早く返答し、感謝の気持ちを示すことで、顧客満足度を高めることができます。また、顧客のフィードバックに対する返答を通じて、信頼関係を構築し、顧客との関係を持続させることも重要です。

フィードバックの活用は、不動産売却チラシの改善と顧客とのコミュニケーションに大きく寄与します。フィードバックを分析し、共通点や傾向を把握することで、次回のチラシ作成に反映させることができます。また、フィードバックに対して迅速な対応や感謝の気持ちを示すことで、顧客との信頼関係を築きながら売却の機会を追求することができます。

まとめ

これまでに学んだ知識を組み合わせ、効果的な不動産売却チラシ作成へとつなげましょう。

全体の流れ

不動産売却におけるチラシ作成の全体の流れは、市場の調査とニーズの把握、効果的なチラシの作成、リード獲得からフィードバックの活用までの一連のプロセスです。

まず、現在の不動産市場の動向や競合状況を調査し、ニーズや需要の把握を行います。次に、チラシ作成の基本戦略を立て、チラシが果たす役割やポイントを明確にします。その後、デザインやコピーライティングのテクニックを活用して、チラシを魅力的に作成します。

チラシが完成したら、適切な配布エリアを選定し、ターゲットになり得る人々に効果的にチラシを届けるための配布方法を選択します。配布後には、リード情報を収集し、顧客の興味や関心、ニーズを把握するために分析を行います。また、フィードバックを活用してチラシやマーケティング戦略を改善します。

全体の流れを把握することで、効果的な不動産売却チラシ作成の成功につなげることができます。市場調査とニーズの把握、チラシ作成の戦略構築、効果的な配布とリード獲得、フィードバックの活用と改善のサイクルを回すことで、不動産の売却を成功に導くことができます。

今後の見通し

不動産売却チラシ作成の知識と経験を活かして、今後はより効果的な手法やアプローチを追求していくことが重要です。

まず、市場の変化やトレンドに対応するために、常に情報を収集しておくことが必要です。不動産市場は常に変動しており、新たなニーズや需要の現れに柔軟に対応することが求められます。市場のトレンドを把握し、それに応じたチラシの作成やマーケティング戦略を立てていくことが重要です。

また、技術やデザインの進化も注目すべきポイントです。新たなデザインの手法やツールの活用、デジタル広告の最新情報などを取り入れることで、より魅力的で効果的なチラシを作成することができます。常に新しいアイデアや方法を試し、次のレベルへと挑戦することが重要です。

さらに、顧客との関係性を深めるために、丁寧なフォローアップや顧客満足度の向上にも取り組んでいくことが大切です。顧客からのフィードバックや要望を受け止め、それを次回のチラシ作成や売却戦略に反映させることで、より顧客の期待に応えるチラシを作り上げることができます。

今後の見通しでは、市場の変化に柔軟に対応し、新たな技術やデザインを取り入れながら、顧客との良好な関係を築きながら不動産売却チラシの効果を高めていくことが求められます。常に進化し続ける不動産市場に対応し、より効果的なチラシ作成に取り組んでいくことが、成功への鍵となります。

次へのステップ

最後に、これから不動産売却チラシを作成する上での具体的なステップを提案します。

具体的アクションプラン

不動産売却チラシ作成の具体的なアクションプランを以下に示します。

1. チラシのテンプレート作成: チラシのデザインやレイアウトを決めるために、テンプレートを作成しましょう。

2. 物件の魅力を明確化: 物件の特徴や魅力を具体的に把握し、それを伝えるための情報や写真などを収集しましょう。

3. キャッチーなヘッドライン作成: 読者の注意を引く魅力的なヘッドラインを作成し、物件の魅力を示す情報を盛り込みましょう。

4. コピーライティングの構築: チラシのコピーを考え、読者に訴求するメッセージを明確に提供しましょう。

5. デザインの作成: テンプレートを活用しながら、カラーコントラストやフォントの選定、写真や図表の配置などにより、視覚的な魅力を高めたデザインを作ります。

6. 配布方法の計画: ターゲット層や需要に合わせた配布エリアと方法を選定し、チラシを効果的に広めるための具体的な計画を立てます。

7. フィードバックの収集と分析: 配布後のリード情報やフィードバックを収集し、効果の検証と改善点の把握を行います。

8. 改善と次回の準備: フィードバックを元に、チラシの改善点を洗い出し、次回のチラシ作成に生かすための準備を始めましょう。

これらの具体的なアクションを計画的に進めることで、効果的な不動産売却チラシを作成することができます。

成功への鍵

不動産売却チラシ作成で成功するための鍵は、以下の点にあります。

1. ターゲットに合わせたチラシの作成: ターゲット層のニーズや興味に合わせたチラシを作成しましょう。

2. 魅力的なデザインとコピーライティング: 目を引くデザインや魅力的なコピーを活用して、読者の関心を高めます。

3. チラシの効果的な配布: ターゲットエリアや媒体を選定し、ターゲット層に効果的にチラシを届けます。

4. リード情報のアナリシスとフィードバックの活用: リード情報を分析し、フィードバックを収集して改善に活かしましょう。

5. 継続的な改善と学習: 市場の変化やニーズに敏感に対応し、チラシ作成とマーケティング戦略の改善を継続的に行います。

これらの鍵を活かしながら、効果的なチラシ作成と売却活動を行うことで、不動産売却の成功を実現できます。継続的な改善と学習を重ねながら、進化し続ける不動産市場に対応していくことが重要です。

株式会社tento
株式会社tento
多摩市をはじめ周辺地域の特色やニーズを把握しており、地域に合わせた適正な査定をいたします。売り手と買い手のニーズが合致するよう販売方法を考慮し、特別な事情がある不動産売却にも対応しています。
株式会社tento

〒206-0011

東京都多摩市関戸3-16-2
オリエント丹野マンション聖蹟桜ヶ丘101